■ LabVIEWライブラリ

ライブラリのサイト(このページ)をオープンしました。

このページに掲載したフリーウエアのライブラリやVIはダウンロードしてご自由にご利用いただけます。
シェアウエアのライブラリやVIなどのご使用/転用/加工は有料となります。
プログラムの不具合につきましては一切の責任を負いかねます。
ご提案やお気づきの点がございましたらご一報ください。

 LabVIEWバージョン6.1
 LabVIEWバージョン7.1.1
 LabVIEWバージョン8.2.1
 LabVIEWバージョン8.6.1
    英語バージョン(2バイト文字が適正に表示されません)
   フリーウエア
   
シェアウエア (料金についてはEメールでお問い合わせください)
 クリックしてダイアログボックスの[保存]を選択するとダウンロードできます。


  Get_USBdevice.vi
 
オプション付きUSBデバイスの情報リストを取得するサンプルVI
検出結果であるUSBデバイスリストはつぎの要素を含むクラスタから構成されます。

  • デバイス名(Device Name)
  • 説明(Description)
  • 現在接続状態(Connected)
  • ドライブ文字(Drive Letter)
  • シリアル番号(S/N: Serial Number)

デバイス検出オプションとしてつぎの2つのチェックボックスがあります。
いづれもチェックされなかった場合は全てのデバイスを表示します。

    接続デバイス    USBドライブ

サブVIのダイアグラムはパスワードでロックされています。

簡単にUSBデバイス情報を得るツールとしてSDKサンプルのUSBView.exeがありますが、今回はフリーウエア「USBDeview.exe」を利用しています。したがってこのツールの使用条件承諾が必要です。
USBDeview.exeは次のサイトからダウンロード、解凍して、このVIのフォルダーにコピーしてください。
USBDeview v1.35のダウンロード



 
  Check_USBdevice.vi
 
フリーウエアの「USBDeview」を利用してUSBデバイス情報を取得するサンプルVI
下記のサイトからUSBDeviewをダウンロードして解凍し、所定のフォルダー例えばC:\に「USBDeview.exe」をコピーしておき、それをコマンドラインから実行します。その結果返されるテキストファイルの形式を「プレーン/TAB区切り/コンマ区切り」のうちから選択するとファイルに出力保存され、それを読み込んで表示しています。
実用的な応用を行なうには、取得したテキスト中の以下のようなパラメータに着目すればよいでしょう。

  • デバイス名(Device Name)
  • 説明(Description)
  • 現在接続状態(Connected)
  • ドライブ文字(Drive Letter)
  • シリアル番号(S/N: Serial Number)

内部で利用しているフリーウエア「USBDeview.exe」の使用条件承諾が必要です。
USBDeview.exeは次のサイトからダウンロード、解凍して、このVIのフォルダーにコピーしてください。
USBDeview v1.35のダウンロード


 
 UsingValue.vi

LabVIEW関数パレットの Format Value.vi にUsing機能を追加したVI
オリジナルのFormat Value.viは次の場所に存在します。
  文字列関数>文字列/数値変換>Format Value.vi
整数文字桁がUsing文字列より長いときには数値およびマイナス記号をそのまま表示します。



 
 EditTextTab.vi

テキスト中のTABコードを半角スペース文字に変換するVI
LabVIEWではTABコードによるテキストの整形が行われません。
これを補うためTABコードを半角スペース文字に変換して擬似的に表示するものです。
EditTextTab.viはサンプルVIです。
TAB未変換テキスト(編集ボックス=制御器)では挿入、削除などの編集が可能です。
[タブコード挿入]ボタンを押すことにより、カーソル位置にTABコードを挿入できます。
編集結果は自動的にTAB変換済テキスト(表示器)に反映されます。
読み込んだテキストは編集ボックスに表示されます。どちらのテキストもファイルに保存できます。
結果のテキスト表示には固定幅(等幅)フォントを使用してください。


 
 AudioButton.vi

オリジナルデザイン40x40pixelサイズのオーディオボタンVI
表示例は[Play]ボタンのみをONにした状態を表しています。
必要なボタンのみをクラスタに残すなどしてご利用ください。
極端にボタンのサイズを小さくしたり、大きくしたり変形させると画像が乱れます。
押下ボタンの排他的処理などブロックダイアグラムはこのVIには含まれていません。


 
 
office@sys-rd.com  tel.050-3311-1018  cel.080-5089-3311